ヘアカラーといってもその種類はさまざまです。カラーリングの用途などによって使い方を変えることによって、より髪の毛に優しいカラーリングを行うことが可能となります。

 

ヘアカラーの種類

 

ヘアカラーリングの種類は大きく分けると5種類ほど存在します。

 

・ヘアカラー
一度で髪の毛全体を染め上げることができるタイプです。ヘアカラーの中では最も持続期間も長く、効果が高いものとなっています。効果は2か月から3ヶ月程度続き、コルテックスまでしっかりと染めてくれるので、シャンプーを行っても色落ちしないというメリットがあります。

 

・ブリーチ
ヘアカラーとは異なり、染色は行わず、髪の毛を脱色することによって髪の毛の色を明るくさせるものです。コルテックス内部にあるメラニン色素を分解し、髪の毛が生え変わるまでは永久的な効果を実現します。

 

・ヘアマニキュア
酸性染毛料で、キューティクルの表面を染色することで髪の毛をカラーリングします。効果は約3週間程度はヘアカラーよりも短いですが、キューティクルの表面にしかカラーリング剤が及ばないため、髪の毛への負担も非常に小さくなっています。

 

・カラートリートメント
塩基性染毛料で、持続性は連用することによって1週間程度持続させることができます。キューティクルの表面に効果を及ぼすもので、髪の毛への負担も非常に小さく安心です。

 

・一時着色料
一時的にカラーリングを行いたい方に重宝されるものです。
毛髪表面に顔料を付着させ、カラーリングを行います。1回のシャンプーで洗い流すことができるため、効果に持続性はありません。

 

効果が長ければ良いというものではない

 

ヘアカラーは少なからず髪の毛へ負担をかけることになります。そのため、できれば髪の毛の内部まで浸透しないタイプを選んだほうが髪の毛にとっては良いのです。使用する際は髪の毛以外にも肌に合っているかなど確認するようにしましょう。