髪の毛のダメージを最小限に抑えるためには、髪の毛の洗い方だけではなく髪の毛の乾かし方も気を遣う必要があります。ここでは髪の毛の正しい乾かし方について紹介していきます。

 

ステップ@:タオルで乾かす

 

まず基本となるのがタオルで髪の毛を乾かすことです。このタオルドライはきちんと行わないと髪の毛に摩擦を与え、キューティクルが剥がれ落ちる原因となってしまいます。タオルドライを行う際は、頭皮に付いている水分をきちんと落とすようにして、しっかりと水分を吸収するようにしましょう。

 

ステップA:トリートメントで保湿

 

洗い流さないトリートメントを使用する場合は、このステップが必要となります。洗い流さないトリートメントは髪の毛の保湿とバリアの両方に効果があり、この後に行われるドライヤーの影響を最小限に抑えることが可能となります。しかしながら、この洗い流さないトリートメントも利用法を間違えると髪の毛にダメージを与えかねません。髪の毛に塗り込む際はこすり合わせず、なるべく摩擦を与えないようにしましょう。

 

ステップB:ドライヤーで乾かす

 

ここまで来てはじめてドライヤーで乾かすことができます。ドライヤーを使用する際は、襟足から上側へ乾かすこと、また頭皮を中心に乾かすことを心掛けるようにしましょう。また、ドライヤーは近づけすぎると熱による影響を受けかねません。ドライヤーと髪の毛の距離は最低でも15cmは離し、熱の強いものよりも風の強いタイプを選択すると髪の毛へのダメージを最小限に抑えることができます。

 

正しいドライヤーの方法を知って、髪の毛に優しい処理ができるように心がけましょう。ドライヤーの方法1つをとっても、髪の毛にとってはとても重要なことなのです。