髪の毛を染めるのに使用されるヘアカラーリング剤は、現在ではオシャレに欠かすことのできないものとなっています。しかし、その成分を理解して使用している方は意外に少ないと思います。

 

1剤と2剤で染色を行う

 

ヘアカラーリング剤は1剤と2剤と呼ばれる2種類で構成されています。1剤は酸化染料とアルカリ剤、2剤は酸化剤が主な成分となっており、この2種類が混ざることによって酸化染料が発色する仕組みとなっています。

 

アルカリ剤はキューティクルを開くために使用されます。1剤、2剤の混合液を髪の毛の内部に浸透させ、2剤の過酸化水素水を分解し、酸素を発生させます。この酸素は酸化染料の発色を促すために必要となります。2剤の酸化剤は1剤中のアンモニアによって分解され、酸素を発生させます。

 

発色した染料の分子は結合によって大きくなるため、髪の毛の外部へ戻ることができず、内部に閉じ込められます。これにより、シャンプーなどを行っても色が落ちません。

 

髪質によっては染まりにくい場合もあり

 

髪の毛の染まり方は全ての人が同じであるというわけではありません。人によって髪質は異なり、髪質によって染まりやすさも変わってきます。

 

・硬毛の方
硬毛の場合はカラーリング剤の放置時間を長くすることで効果を高めることができます。また、カラーリング剤は多めに使用することを推奨します。

 

・もみあげや襟足に使用する方
使用する部位によっても性質は異なってきます。上記の部位でカラーリングを行う場合は、放置時間を長めにし、ヘアカラーリング剤の量を多くするようにしましょう。

 

その他にもカラーリング剤を使用する温度や湿度などによっても、効果は変わってくる可能性があります。製品によって性質は異なってきますので、説明書などをよくみながら、正しい使い方をするようにしましょう。