カラーリングは髪の毛への負担が大きくなります。しかし、カラー1つで与える印象は大きく変わるもので、カラー選びというものは意外と重要な位置づけとなっています。

 

明るさと色味で選んでみる

 

カラーの選び方の基本として、明るさ(明度)と色味の組み合わせがあります。人によって似合う色とそうでない色というのは存在するものです。それは顔立ちの印象、瞳の色などによって変わってきます。

 

例えば、瞳の色が暗く、顔立ちがシャープではっきりとした方は黒い髪もしくは暗めの色の髪の毛が似合うとされています。一方で瞳の色が明るく、ソフトでキュートな顔立ちをしている方は明るいブラウン、またはベージュ色の髪の毛が似合うとされています。

 

色味に関しては自分の理想とする顔立ちによって左右されます。

 

例えばピンク系は可愛らしい、優しいといった印象を与えますし、オレンジ系は元気、キュートといった印象を与えます。自分が似合う色を選択することも良いですが、一方でなりたい色を選ぶというのも選択肢の1つとなります。

 

社会的立ち位置を考慮した選び方も重要

 

もちろん自分の好みばかりを優先していては、相手に与える印象を悪くする可能性もあります。社会的立ち位置を考慮した色選びをするために必要なこととして、まず肌と髪の色にコントラストをつけないことが挙げられます。肌と髪の色にコントラストが生まれるとくすみやクマなどが目立ってしまい、与える印象が悪くなってしまいます。

 

また、顔色が悪い方は赤、オレンジ、ピンクなどの血色を加えるような髪の色を選択することで印象を良くします。また、職業規定やイメージからカラーリングに抵抗がある場合もあります。その辺りも考慮しながら自身の髪の色を選択することによって、失敗のないカラーリングを実現することが可能となります。